事業承継について

事業承継について

後継者選びにあたっては、関係者と意思疎通を図ることや、各承継方法のメリット・デメリットを把握することが重要です。

後継者選びにあたっては、関係者と意思疎通を図ることや、各承継方法のメリット・デメリットを把握することが重要です。

《メリット》
・一般的に社内外の関係者から心情的に受け入れられやすい。
・一般的に後継者を早期に決定し、長期の準備期間を確保できる。
・他の方法と比べて、所有と経営の分離を回避できる可能性が高い。

《デメリット》
・親族内に、経営能力と意欲がある者がいるものとは限らない。
・相続人が複数いる場合、後継者の決定・経営権の集中が困難。

《留意点》
・学校卒業後に他社に就職させ、厳しい経験をさせる。
・家業であっても、早めに説得し本人の了解を明示的にとりつけ、取り組ませることが必要。

《メリット》
・業務に精通しているため、他の従業員などの理解を得やすい。

《デメリット》
・親族内承継と比べて、関係者から心情的に受け入れられにくい場合がある。
・後継者候補に株式取得等の資金力がない場合が多い。
・個人債務保証の引継等の問題。

《留意点》
・白羽の矢を立てた幹部等従業員が、経営者となる覚悟を得るためには、
   早めのアナウンスと本人の了解を明示的に 取り付ける取り組みが必要です。

《メリット》
・身近に後継者として適任者がいない場合も広く候補者を外部に
   求めることができる。
・現オーナー経営者が会社売却の利益を獲得できる。

《デメリット》
・希望の条件(従業員の雇用、売却価格等)となるのが困難。

《留意点》
・会社内に後継者がいない場合、検討することを先延ばしにしてしまいがちですが、
   早めにお近くのネットワーク構成機関に相談しましょう。

PAGE TOP